採用/社員紹介

仕事紹介

マミルトン

映像配信

マミルトン

職種:動画出演

動画を通して、視聴者と一緒に楽しむ

 世の中では「YouTuber」、AppBankでは「演者」と呼ばれる、動画への出演が私の仕事です。とは言え、ただカメラの前に座って話すだけ、というわけではありません。企画を考え、動画の編集チームやイベントスタッフとプランを立てて、撮影や編集の方針を決め、配信後は視聴者からのフィードバックを得て、次の企画を考え始める……いわばセルフ・プロデュースを通じて視聴者を巻き込み、動画を楽しんでもらうのが、AppBankの「マミルトン」としての私の仕事です。

 もともとAppBankにはライターとして入社して、その後は動画にも出るようになりました。最初は「チャンネル登録してくださいね!」とお願いするのすら、恥ずかしくて苦手だったのですが、今では動画を通してコミュニケーションをすることにもすっかり慣れました。さらに、この仕事を通じて「MAX THE MOVIE」という映画にAI役で出演することができたり、ゲームのTVCMに起用していただいたりと、どんどん新しい世界が広がっています。

動画編集担当とのチームワークが大切

recruit_figure

 日々の仕事では、私たち演者は編集担当と二人三脚で働いています。どのシーンを残して、どのシーンを強調するかによって、動画の雰囲気はまったく別物になります。だから、動画の人気が出るかどうかは半分は演者、半分は編集の力と言っても過言ではありません。

 演者は、自分ではいいリアクションだと思っていても実際は地味に写っていたり、逆にちょっとした表情でも、編集でテロップをつけたり効果音をつけたりして強調することで爆笑シーンになったりすることがあります。

 そこで、どの方向性で編集していくかが重要になるので、演者と編集担当のコミュニケーションは欠かせません。私が所属するスタジオむらいのチームは、日々のミーティングだけでなく、ランチに一緒に行くなどして細かい認識のすり合わせをしています。演者、編集担当が一体となって、視聴者の方をアッと言わせるような動画を創り上げるのが、私たちのチームです!